店主のひとりごと

 

  • 2011年07月09日(土)22時30分

マント・ケヌーマー、真空管アンプを自作

2011.7.2(土)前日より配線していたアンプが完成した。MIRADの柳谷さんに半田を見てもらう、何箇所か不良を指摘され、直す。
いよいよ、電源投入。
・・・煙が・・・出なかった。大丈夫!
電気測定をしてもらう。各所の電圧チェック、OK。
じゃー真空管さして。
真空管をさして、ダミー抵抗をつなげる。
ノイズは、64と61dBか。普通だね、良くも悪くもない。歪は、1.01%いまいち・・・
周波数特性は...ん?この波形!この真空管は応答スピードがかなり早い。送信管だからか。
えーと・・・
1Wで....???
12~135KHz(-3dB)、すごいね~
3Wでも・・・20~65KHz、ドレンジ広いな、これ~
じゃー聞いてみるか。
使った装置
CDP DENON SA-1 
プリ SP DYNAUDIO SP-25

試聴開始する。平原綾香のジュピターがかかる。
Y ・・・今まで聞こえなかった音が聞こえる。
S田・・・最初からこの音?
ジャシンタのムーンリヴァーを聞く。
S田・・・YさんConcequenceで聞いたい。
Y・・・SP変えるか。
スピーカーをDYNAUDIOのConcequenceに変更。(DYNAUDIOのフラッグシップスピーカーでお値段600万円?)
S・・・
Y・・・
ま・・・

そもそも、真空管アンプを自作することになったのか?
こういうことである。

2010某月某日、Hオーディオクラブ例会の席でのことであった。
K藤さんが、浜北のオーディオウインズというお店で、6V6シングルアンプを聴いたところ音が良かったので買った。
良かったら聞きに行くといいよといわれた。彼が余りに熱心に言うので???とも思いながらも同店に後日聴きに行った。(暇だったから)
持って行ったソフトは
CD 
M・コープランド G・ピーコック/ WHAT IS SAYS
ADAGIO LA QUARTINA
シューベルト 4手のためのピアノ作品集
絵里 limelight
LP
HORST Planets/H・V・Karajan/VIENNA PH DECCA SXL-2305 ED 1
GRIEG PIANO CONCERTO /A RUBINSTEIN RCA LSC-2566
THE DARK SIDE OF THE MOON/PINK FLOYD Harvest SHVL-804  
SMETHIN'ELSE /MILES DAVIS BLUE NOTE 1596

オーディオクラブでの話をしてアンプを聞かせてもらったが、すぐにアンプは6V6から300Bシングルに変更された。
コッチで聞いてくださいと・・・
そして、良かったら、後日自作真空管アンプの発表会があるので良かったら来ませんかと誘われた。
面白そうなので行くことにした。
(後日、とんでもないやつが、ソフト持参で来たと言われた)

発表会の後、お店で自分も自作できるかな?という話になり、できれば出品したい。
まーやってみれば、と言われその気になるが・・・
真空管、知らない。回路図理解できない。3極真空管も5極真空管も知らないし、トライオード、UL、ペントード接続なんてわかるわけなしし、半田したことない。
どうしよう?
店主 やっぱり出力管で音が決まるからね~
店主 3極管が一番だよ~

そこで自作するに当たって次のことを決めた。
発表会に出せるものを作る。
過去に発表会で使われてない安価な真空管を使う。
出力真空管は自分で決める。
初段に使う真空管はありふれたもので安いものを使う。入手しやすいもので。
回路図初心者が間違いなく組み立てられる簡単なもの。
高い部品、こだわりの部品は使わない。
電圧は400V以下で
整流管は使わない。(高いから)
サブで使える音質は確保したい。
それで、ベテランが作った300Bや2A3、KT88、EL34などのアンプに混じって発表しようというのだ。
虫のいい話だ。

っで、後日、真空管を何を使うのか決めた。
それがVT-101!
調べてもらい、過去に使われてないことを確認した。
店主・・・VT-101ってどんな真空管?聞いたことないな~

さあ、回路はどうしよう?僕でキナイヨ?誰に頼もう??
店主 T橋オーディオクラブ会長のT田さんに頼んでみれば?

電話でお伺いするも、断られる。無理ですと。出品用?とんでもないって・・・当たり前かw

しょうがないのでプロに回路図を頼むか、ハット・オーディオの尾身さんに電話しお願いする。
VT-101? 聞いたことない真空管だね。コッチに送って。調べるから~
やった~^^v

O・・・2A3より少し大きく300Bより小さい。2A3のシングルと同じ回路で作れるよ。MJ詩に載ってる回路でOK
ま・・・MJ持ってません。
O・・・トランスと一緒に回路図送ってやるよ。
ま・・・回路図ずみて初心者が作れます?
O・・・回路図見てわかる?
ま・・・わかりません!
O・・・無理だな。それでは・・・
ま・・・どうすればいいでしょうか?
O・・・

初めてでも組み立てられるようにしてくれるとのことになった。

20010、7月
マント、前十字靭帯断裂
2010、8月
入院、靭帯移植手術

医者 3ヶ月は安静にしてください。

アンプ製作延期・・・


By マント・ケヌーマー

アップロードファイル 31-1.jpg

-----------------------------------------------------------------------------

  • 2011年06月12日(日)19時22分

シンガーズ・アンリミテッド/ア・カペラ

ネオンは巷(まち)に まぶしかろうと
胸は谷間だ 風も吹く

たかが一人の 女のためと
向けた背中に ジャズが泣く

「男のブルース」三船浩

これがヒットしたのは昭和20年代後半だったと思うけど、なんとカッコイイ歌詞だろう。

みんなが「辞めろと」と言っているのに辞めないで権力にしがみついている首相・・・カッコ悪い!
子どもたちにいい影響は与えないだろうな。

最近まともな音が出るようになった我が家のシステム。出来あがるまで長かった・・・・3年と少し。
おかげでいろんなことを勉強させてもらった。
マッチングが良くなかったらどんなに優秀なシステムを組み合わせてもダメ・・・!
トーンアームとプレーヤー、プレーヤーとフォノケーブル、カートリッジとフォノイコライザーなどなど組み合わせによってジャズとフィットしたときは凄い表現をしてくれるけど、フィットしなかったらただのガラクタ組み合わせ。

あ、最近一番のお気に入りレコードはシンガーズ・アンリミテッド/ア・カペラ。
イントロでボニー・ヘルマンのソロが出てきたとたんに「ドキッ!」。
バックがハーモニーを奏でるとそのなかをボニーさんが泳いでいるように歌っている。
フェロモンが・・・!

システムが出来あがったおかげでステレオ(モノラルではなくて)でもフェロモンが感じられるようになった。

アップロードファイル 30-1.jpg

-----------------------------------------------------------------------------

  • 2011年03月26日(土)10時16分

負けてたまるか日本!

今朝、公園に行ったら大きな桜の木にほんの数輪白い花が咲いていました。桜山手も桜の開花です。例年だったらここで「桜祭り」とかタイトル付けてセールをやるわけですが、「今年はね~」と躊躇します。でもそれでいいのだろうか?震災によって直接の被害を受けなかった私を含めて東海以西の人たちがそれでいいのだろうか?

震災による影響は日本中いろんなところで出ています。九州でも単一乾電池、懐中電灯などが店頭から消えました。何で?

まだつらいニュースが続いています。原子力発電所の問題は私たちにはどうにも出来ないことで、携わっている方たちの力に頼るしかありません。被災地に飛んで行ってボランティアという選択肢もありますが、仕事を抱えている私も含めてたくさんの方たちはそれもかないません。

プロ野球の開幕がすったもんだの末に、4月12日同時開幕に落ち着きました。節電という関東地方が抱えている問題を考えれば妥当だとは思いますが、プロ野球に限らず自粛ムードという化け物が目に見えない形で私たちに何かを躊躇させています。
東海以西はまだ元気なのに変なムードが支配すると影響の少ないところにも影響が出てきます。というか既に影響が出始めています。

これはいかん、一人ひとりが何とかしないと日本全国がおかしくなってしまう。自分にできることはレコードを通じて音楽のメッセージを皆さんに伝えること。今まで以上に積極的に仕事をしなくてはいけない。

ということで明日から「負けてたまるか日本!」キャンペーンを行います。詳細は明日朝お知らせします。

-----------------------------------------------------------------------------

  • 2011年03月20日(日)19時18分

白い花を

Ninonyno 御中

お変わりありませんか。
こちら仕事が一段落 久しぶりに朝ねぼう
やっとRed Mitchellを聴く気力を回復 昨日からあたためておいたアンプで「エイ、ヤッ」と。
目の前でコントラバスを弾いてもらって、耳の穴が低い音でいっぱいになった時のことを思い出しました ベースの胴内の空気が乾いているのがわかります
サックスの音もいいですね 生で聴くサックスの楽器自体がビビンと鳴る音がします ラウズさんの「Yeah!」のように。それとフルートも素敵です
フルートは管楽器!うちのネコはジャケットのネコ生うつしです 家宝のレコード一枚追加です。
つらいニュースに心がへこみます 小さなことしかできない私ですが、私は詩を作りました。今朝できたのです

白い花を
あなたにあげよ
どこまで白い
小さな花を

黄色い花を
あなたにあげよ
雪解けに咲く
小さな花を

うすももの花を
あなたにあげよ
ふまれても咲く
小さな花を

青い花を
心に咲かそ
涙で育つ
小さな花を

2011年3月19日
愛知県 K

アップロードファイル 28-1.jpg

-----------------------------------------------------------------------------

  • 2011年02月22日(火)14時01分

ひょっとして音が出来あがったのでは?

2月中頃、匠が来てくれた。今回のテーマは、メインのステレオシステムに付けているMCカートリッジを高出力タイプのカートリッジに変更することである。何故かというと、モノラルはGrado Mono(出力電圧5mv)を使っていてフォノ・イコライザー経由でプリアンプのライン入力に繋いでいるので、ヴォリュームの位置は12時半くらいで聴いている。この場合、スピーカーからのノイズは殆ど聴こえない。ところが、ステレオはプリアンプのフォノ・ポジションに直接繋いでいるので、低出力のカートリッジ(これまで使っていたものの出力電圧は0.24mv)だとヴォリュームの位置は2時半くらいで音がないときのノイズはかなり出ている。つまり、高出力カートリッジだとヴォリュームの位置がもっと低い部分になるのでノイズを出さずに済むのではないかという発想である。
 以前にも書いたが、モノラルの音はもう出来上がったと思っているけどステレオにイマイチ感があるのはヴォリュームの位置のせいではないかと思っているのだ。

問題は、現在保有している高出力カートリッジはGrado Reference Platinum 1とBentz Micro Aceで、Bentz Microのほうは長年使っていないので劣化しているため選択肢がGradoしかないということである。これまで使っていたMCカートリッジは10万円以上、Reference Platinum 1は4万円程度、価格差が音に出てもらっては困るのだけど。

匠がカートリッジをGradoに替えて調整が終わったところで試聴。ヴォリュームの位置は11時半くらいでノイズは全く気にならない(というかノイズはない)し立体音場は十分だけど、敢て以前のカートリッジと比較するとレンジが僅かだけど狭い感じがする。それを匠に言うと、匠が味の素を振った・・・効いた!びっくりするほど効いた(内容については現在実験中なのでいずれお話することにする)。

レンジのどうのこうのなんて吹き飛んで、私が最も欲しかった別嬪さんヴォーカルのフェロモンがものの見事に出てくるのだ。ジャズのインストでもパワーがあって、モノラルシステムと遜色のない分厚くて豊かなサウンドが部屋中に拡がったではないか。

カートリッジをGrado(高出力タイプ)に替えたことと匠の味の素、この相乗効果は凄い、ひょっとして音が出来あがったのでは?

アップロードファイル 27-1.jpg

-----------------------------------------------------------------------------

Web Diary