今週の一枚



リストの見方
Cover Photo <Tracklist>
A1 Spring Is Here
A2 I Hear Music
A3 Autumn In New York
A4 I'm Glad There Is You
B1 I Can't Give You Anything But Love
B2 The Things We Did Last Summer
B3 Polka Dots And Moonbeams
B4 One For My Baby

<Personnel>
Bass - Ray Brown
Guitar - Barney Kesel
Piano - Oscar Peterson
 
カナダ出身のジャズメンといえば、ジョージーオールド、ジョン・コルスルード、ギル・エヴァンス、メイナードファーガソン、ガイ・ロンバードそしてオスカー・ピーターソンなどが挙げられる。アメリカのお隣の国で、文化的な交流が容易であった割には意外と少ない。

カナダで活躍していたオスカー・ピーターソンがノーマン・グランツの勧めでニューヨークに進出したのは1949年。以後グランツのもとでピアノ・トリオを率いて活躍、またJATPやクレフ、ノーガンのレコーディングでも積極的に起用されて、50年代は超多忙だった。
自身がリーダーの作品のみならず、サイドメンとしては「フレッド・アスティア/アスティア・ストーリー」を始めとして、ベニー・カーター、カウント・ベイシー、レスター・ヤング、ライオネル・ハンプトン、エラ・フィッツジェラルドほか、挙げるときりがないほど多くのセッションに参加している。グランツがピーターソンの才能に惚れ込み、ハウス・ピアニストとして起用していたのである。

ピーターソンの初期はレイ・ブラウンとのデュオで演奏していたが、すぐにトリオ編成とし、当時憧れていたナット・キング・コールのピアノ・トリオと同じドラムレスである。本作はピーターソンの初期のアルバムで、彼にしては珍しい弾き語りである。
で、聴いてみるとこれが実に見事なヴォーカルなのだ。ピーターソンはこのままヴォーカリストになっても良かったのでは?と思えるような内容になっている。しかし、声も歌い方もキング・コールそっくりで、ファンからもそこについては指摘があったらしい。結局、これが響いてピーターソンはキング・コールが亡くなる1965年までヴォーカルは演らなかったとか。キング・コールが亡くなった後、「ウィズ・リスペクト・トゥ・ナット」というヴォーカル・アルバムをリリースしているのは皆さんも御存知のとおりである。
本作でのピーターソンは、歌は上手いし、芸術的なピアノも見事である。そして、クレフ初期のアルバムは極上のサウンドということも付け加えておきたい。

Cover Photo
Cover Photo
Cover Photo
Order No. 58101
Artist/Group Oscar Peterson
Title Oscar Peterson Sings
Price \25,300
Country USA
Company Clef
Prefix MGC 145
Issue Year 1954
Media 10" LP
Recording Monaural
Label Black lbl w/"Jazz at the Philharmonic, Inc." printed at bottom
Originality Original
Matrix No. Side A
Matrix No. Side B
Engineer
Mastering Engineer
Cover Condition VG++
Vinyl Condition VG++/VG+
Cover
Sound Grade Kindan no Oto