店主のひとりごと

 

  • 2017年07月18日(火)09時56分

「杜の会in白馬 ’17秋」のお誘い

・・・・暑い。確かまだ梅雨は空けてなかったよね?(7月17日現在)
今の世の中そこかしこで異常気象。豪雨やら竜巻みたいな突風やら。かと思えば地震やら。被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。
そんなこんなで色々大変な世の中ではありますが先ずは生きていかなくてはならない世の定め。せめて一時の心の安らぎにと、黒いお皿を廻し続ける日々。アナログレコードしかもオリジナルなどにこだわりカビ臭くも傷だらけのお皿を日夜飽きず眺めて廻して恍惚と。・・・それにしても暑い。冷房なぞ無い身の上ではお皿廻しすらやがて苦痛に。サア、どうしたものか!?

「白馬がある!」暑さ寒さも彼岸まで。9月のお彼岸過ぎの白馬なら気候も落ち着き絶好の皿廻しシーズン。娑婆の喧騒もひと時忘れ音楽に没頭できますこの行事。 
今年も元気に彼の地にて音楽三昧に浸れる恒例のひとときを提供いたします。
例年10月第1週目の土曜日を開催日としておりますが今年はカレンダーを見るとお分かりいただけますように9月30日がそれに相当する日となります。(翌週は3連休日となりますので)

という訳で「杜の会 in 白馬 ’17秋」下記のとおりご案内申し上げます。久しぶりの面々と気のおけない会話と良い酒と旨い食事と音楽と。お待ちしております。

・日時 2017年9月30日(土)

・場所 ペンション洗濯船
長野県北安曇郡白馬村大字北城3020-1109
Tel:0261-75-1066 Fax:0261-75-1067
e-mail:p-info@sentakusen.info

・スケジュール PM3:00頃スタート
<第一部>
冒頭挨拶:Duke
歓迎の言葉:洗濯船M
トーク:恒例ひとり1曲 「酔う前に聴いて欲しいこの1曲」
  
<夕食・宴会> 

<第二部>
・レコードタイム 「飽きずにやります。ほろ酔いの貴方に捧げるこの1曲」
・オークション  「今年もやってまいりましたこのひと時。安く出します出させます。  札束舞います。」
・リスニングタイム

  
各自就寝

翌日AM8:00頃朝食 清算
解散

=連絡事項=

◎持ち物:お聴かせ用レコード(特に枚数制限はしませんので各自の判断で)
オークション用レコード・オーディオ製品
(出品は自由です。特に数量制限はありません)
寝間着・洗面具
(歯ブラシ等はペンション備え付けもありますがなるべくご持参下さい)
     
◎精算金 
1泊2食¥7,700(税込み)+α(酒代等)
おつりの関係がありますので細かいお金も準備していただくと幸いです
なお、カードによる清算はできませんのでよろしくお願いします

◎入浴は24時間OKです

◎参加申し込みについて:  
参加ご希望の方はSPUまでメールにてご連絡下さい。
e-mail al-owa@polka.plala.or.jp
どなたでも参加できます。初めての方も大歓迎です。お気軽にどうぞ。

上左:残雪の五竜岳
上右:洗濯船
下左:深山東菊(みやまあずまぎく)

アップロードファイル 140-1.jpgアップロードファイル 140-2.jpgアップロードファイル 140-3.jpg

-----------------------------------------------------------------------------

  • 2016年10月08日(土)10時23分

「杜の会in白馬 ’16秋」報告yositaka

みなさんは『月夜のでんしんばしら』という童話を知っていますか。
月の明るい9月の夜、恭一君が鉄道線路の横を歩いていると「ドッテテ、ドッテテ、ドッテテド」というリズミカルな歌が聞こえてきます。見ると、線路に沿って立つ何千本と並ぶ電信柱が一斉に歌いながら行進を始めているのでした。
様々な姿の何千本もの電信柱たちが、強烈な歌と音響を発しながら隊列を組んで動き回る中、呆然とする恭一君。そこで彼はぼろぼろの灰色のコートを着た、背の低い老人に出会います。
「握手をしよう」と差し出した手を握ると、老人の眼だまから、青い火花がぱちぱち出て、恭一君の体がびりりっと痺れます。「おれは電気総長だよ」と老人は名乗るのでした。

さて…好例の音盤愛好家の集う「杜の会in白馬 ’16秋」が今年も10月1日(土)に開催されました。白馬山麓に立つペンション「洗濯船」は大賑わい。
開始時間の午後3時を少し過ぎて、地下JBLルームに集合した初老中年の男たち。
参加者予定は12人ですが、うち二人は遅れて参加、とのことで10人で開始です。
幹事SPUさんの開会の言葉に続いて、まずは主宰者Dukeさんとオーナー洗濯船Mさんのご挨拶です。
Dukeさんはご実家の地震被害についても話され、ようやくのことでご実家も日常を取り戻しつつあるとのこと。安心とともに、こうして音楽を楽しむひとときが持てる幸運を、改めて感じました。
洗濯船Mさんは、地区の電線交換を機に、電源回りを一新されました。高品質のフジクラのケーブルを導入し、低音増強に手ごたえあり、とのこと。今宵の洗濯船システムは、どんな見事な音を奏でるのか、一同期待に胸も耳も膨らみます。

秋の夜の「電気総長」と「電信柱たち」の音の饗宴が、なんだかここでも始まりそうですね…

開始前に酒盛り

アップロードファイル 139-1.jpg

-----------------------------------------------------------------------------

  • 2016年10月08日(土)10時20分

「杜の会in白馬 ’16秋」報告 No.2

第1部「酔う前に聴いて欲しいこの1曲」地下JBLルーム

オープニングは洗濯船Mさん
アート・ペッパー『アート・ワークス』米ギャラクシー
「ボディ・アンド・ソウル」…ペッパーの珍しい無伴奏アルトサックス・ソロです。澄み切った音の中に秘めた、触ると火傷するような熱さ…日常が吹き飛んで、音楽空間に誘い込まれてしまう一瞬でした。続いては…

ビリー・ホリデイ『レディ・イン・サテン』米コロムビア
「I'm A Fool To Want You」… 第一声から晩年を胸に刺さるようなレディ・デイの歌声が染みます。

Dukeさん
資料を使って、まずRiverside白レーベル以降の変遷をレクチャーです。オリジナリティ判断には必須の知識ですが、これが複雑。難しい。「溝の有無を新旧の判断材料としないことです」…溝アリが古い、なんて言ってるうちはアマチュアなんですね。なんと奥が深こと。でも、そういう話が音盤愛好家にはたまらないんですよね。
そして「この1曲」は
ソニー・ロリンズ『ザ・サウンド・オブ・ソニー』米Riverside
「想い出のパリ」…1957年、ロリンズ盛期のブローイングの圧力と歌を聴くと、青春の血気がよみがえる気がします。といってもyositakaは二歳でしたが。

yositaka
オットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団 英HMV
ベルリオーズ『幻想交響曲』より第2、第3楽章…yositakaの今宵のテーマは「二人の頑固指揮者」。一人目はあの有名なインモラル爺さんです。言動はまったく不審ですが、音楽は立派だから困るんです。では「幻想」をどうぞ。表現はポーカーフェイスなのに、音がくっきり立ち上がる。

パラゴンさん
ミリセント・マーティン『ミリセント』英コロムビア
「ドリーム」…イギリスの歌手でいつぞや拝聴した「赤のロージー」と並び「緑のミリセント」と呼ばれる一枚だそうです。エコーたっぷりのフェロモンたっぷりの歌。パラゴンさん、好みですね~

マントさん
ヴァーツラフ・ターリヒ指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 ヤナーチェク『利口な女狐の物語』組曲 チェコ・スプラフォン
激動の時代を生きたチェコの巨匠指揮者の録音。原曲はチェコの森を舞台に動物たちが活躍する感動的なオペラです。狐の足取りを模した冒頭から、森に潜む動物たちのざわめきが聴こえてきます。

Roxanさん
ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』表題曲 英パーロフォン
名作の名も高い歴史的な一枚ですが、意外に普段は耳にしませんね。猥雑に押し寄せてくる世界の音の断片が、賑やかでスケールの大きな音楽に寄り合わさっていく。それが洗濯船のJBLシステムに共鳴し、増強されて、凄い迫力です。

SPUさん
アンドレ・クリュイタンス指揮 パリ音楽院管弦楽団 ラヴェル『管弦楽曲全集』より 仏パテ
「亡き王女のためのパヴァーヌ」…どなたにも楽しめるクラシックを…とSPUさんが取り出されたのは、洒脱という言葉の似合うデザインの棒付きボード・ジャケットに収められた4枚です。弦のピチカートに乗って、ヴィヴラートのかかったホルンがゆるりとメロディーを奏でる。そう、これぞフランスのエスプリ。

チャランさん
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 エーリヒ・レーン(Vn)ベートーヴェン 『ヴァイオリン協奏曲』仏フルトヴェングラー協会
世界初の磁気テープレコーダー「マグネトフォン」がとらえた、1944年のベルリン。米軍の空爆によるホール倒壊1か月前のライヴです。嵐をはらむオーケストラ前奏に続いて、伸びやかなヴァイオリン・ソロが登場します。

recooyajiさん
アート・テイタムとベン・ウェブスター  英コロムビア
「近頃、欧州盤に食指をそそられます」とrecooyaji さん。急な仕事を片付けて駆け付けられました。「この英盤の音はキレが良いが、なぜか曲数が少ないんです」確かに少なくて有名な「オール・ザ・シングス・ユー・アー」もありません。その分音が良いのかな?でも、いつ聴いても魅了される名盤ですね。特にベンの「泣き節」は。

konkenさん
チェイス『追跡』 米エピック1971
4本のトランペットが生み出す響きは、ロックというよりビッグバンド・ジャズに近い。シャープでスリリングな音楽。これって、どっかで聴いたような…?
彼らのアルバムは非常に少ない。ツアー中、不幸にも飛行機が墜落し、メンバー全員が死んでしまったからだそうです。

Musashi no Papaさん
マイルス・デイヴィス『アムステルダムのマイルス』 1957 伊プライベート盤
「バット・ノット・フォー・ミー」…映画『死刑台のエレベーター』で共演した人といえば、と聞かれて思わず「ジャ、ジャンヌ・モロー?」と言ってしまったyositakaでしたが、正解はバルネ・ウィランです。

あっという間に一周して第1部は終了。

Mさん
Duke
SPUさん

アップロードファイル 138-1.jpgアップロードファイル 138-2.jpgアップロードファイル 138-3.jpg

-----------------------------------------------------------------------------

  • 2016年10月08日(土)10時16分

「杜の会in白馬 ’16秋」報告 No.3

夕食準備の休憩に入ります。例によって入浴に出かける人もあれば、一室に篭って好例の「レコード自慢」に花を咲かせる人もあり…ことにMusashi no PapaさんとSPUさんのセレクトは羨望の的です。Bassclef君が見たら何と言うかなあ、なんて思いながら見ていました。
続いて和気藹々の夕食。レコード話、近況話に花を咲かせながら、ビールやら焼酎やら、飲める人はどんどんきこしめして…大丈夫でしょうか?

食後のひとときはオークション・タイム。
「杜価格」が毎度楽しみの企画ですが、昨年あたりから札束の飛び交いが増えているような…先発は夕食前から途中参加したワガママおやじさん。いつもの名調子でメンバーをその気にさせます…しばらくは笑って見ておられたDukeさんも、ついに買い付けモードに突入してしまいました。

レコード自慢
Yoshitakaさん
Recooyajiさん

アップロードファイル 137-1.jpgアップロードファイル 137-2.jpgアップロードファイル 137-3.jpg

-----------------------------------------------------------------------------

  • 2016年10月08日(土)10時13分

「杜の会in白馬 ’16秋」報告 No.4

第2部「ほろ酔いの貴方に捧げるこの1曲」1Fマッキンシステム

洗濯船Mさん。
デューク・エリントン『D.E.T.S.』1946年国債公募のためのコンサートをライヴ収録した私家盤
エリントンの声も、アンサンブルも、ジョニー・ホッジスの名演も、46年収録とは信じられないくらいの生々しい音で再現。洗濯船Mさんは、当時の録音技師から直接10数枚を入手されたとのこと。エリントンを熱愛するDukeさんの目が輝きます。

ワガママおやじさん
ナタリー・コール『アンフォゲッタブル』~表題曲 米エレクトラ
亡き父ナット・キング・コールとの有名なオーバーダビング・デュエット。そのナタリーも昨年末亡くなりましたね。天国で再開した二人は、ようやく本当のデュエットが…そんなことを考えながら聴いていました。

yositaka
アルトゥーロ・トスカニーニ指揮NBC交響楽団『ラスト・コンサート』日コロムビア・ワルター協会
ワーグナー『ローエングリン』第一幕前奏曲…「二人の頑固指揮者」第二弾はトスカニーニです。1954年、世界初の実験的ステレオ録音が捕らえたのは、リハーサル中に記憶が途絶え、疲れきった大指揮者の演奏でした。でも私がこの音楽から聞き取るのは、疲労や絶望ではなく、抜けきった清澄感です。

konkenさん
サド・ジョーンズ 『モーター・シティ・シーン』日UA
「ライク・オールド・タイム」…三管編成、デトロイト出身のジャズ面の繰り広げる爽快な疾走感は、ジャケットの高速道路そのもの。がっちり支えるエルヴィン・ジョーンズのドラムスが痛快です。

ザ・バンド『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』米キャピトル
ボブ・ディラン曲「怒りの涙」…ザ・バンドのデビュー盤です。私は映画『ラスト・ワルツ』で初めてこのバンドを聴きました。ブラス・アンサンブルのような「チェイス」とは対照的に、カントリー・ミュージックに近い歌を軸にしたサウンド。いや、ロックの世界も幅が広い。

Musashi no Papaさん
『ジャッキー・マクリーン・クインテット』 米アドリブ
「ラヴァー・マン」…食事前のレコード自慢でも、このオリジナル盤は注目の的でした。ジュビリー盤でお馴染みのフクロウ風ネコではなく、男の頭部から湧いたような怪しい黒猫のイラストです。フクロウネコのほうが可愛いんじゃないかなあ。でも、飛び出してくるような音の鮮度はどうだ!駄耳yositakaも、これには参りました。

SPUさん
ジャッキー・マクリーン『スイング・スワング・スインギン』米ブルーノート
「ホワッツ・ニュー」…マクリーン続きです。前述「クインテット」とは対照的な、斜に構えた粋な崩しや音の温みが余裕ですね。「クインテット」の緊張感とは違います。ジャズ・ファンがマクリーンを愛するのは、こんな気分屋みたいな緩さが魅力なのかも。

チャランさん 
『エディット・ピアフ』 63年仏コロムビア
「バラ色の人生」「愛の賛歌」…ライヴ盤では、とのお話でしたが、検索すると、どうもピアフの追悼アルバムとして出たナンバリング入り限定盤のようです。「バラ色」は1945年「愛の賛歌」は1950年のSP録音ではないでしょうか。全盛期のピアフの歌声は素晴らしいですね。拍手とともに「今夜はこれが最高!」の声が上がっていました。

マントさん
マルコム・ゴールドシュタイン(Vn) シャルヴェンカ『ヴァイオリン・ソナタ』ドイツ私家盤
ゴールドシュタインは無調の前衛的な現代音楽を得意とするドイツのヴァイオリニスト。当盤は珍しく近代作品を取り上げた盤。シャルヴェンカはポーランドの近代作曲家で、シャープさの中に東欧風のローカルなメロディも感じられて味わいがあります。yositaka初耳です。傍らでパラゴンさんが「俺は修行が足りない、俺は凡人なのだ」と呟いておりました。そんなことはありません。むしろ知ってるほうが…

パラゴンさん
インゲ・ブランデンブルグ『It's All Right with Me』独CBS
「ラウンド・ミッドナイト」…「この人はドイツのクリス・コナー」とのご紹介でしたが、そうかな。私にはドイツのサラ・ヴォーンに聞こえましたけれど。ハスキー度濃厚、コブシもあり。そしてこのジャケット写真がまたオソロシイ。

二順目の終わったのは、11時を過ぎた頃。そろそろお酒も回って、睡眠モードの方もちらほら…しかし、まだまだ終わりませんよ。

Konkenさん
Musashi no Papaさん
パアラゴンさん

アップロードファイル 136-1.jpgアップロードファイル 136-2.jpgアップロードファイル 136-3.jpg

-----------------------------------------------------------------------------

Web Diary