過去の今週の一枚



リストの見方
Cover Photo <Track Title>
A1 For John Coltrane
  Alto Saxophone - Albert Ayler
  Bass - Alan Silva, Bill Folwell
  Cello - Joel Friedman
  Drums - Beaver Harris
A2 Change Has Come
  Alto Saxophone - Albert Ayler
  Bass - Alan Silva, Bill Folwell
  Cello - Joel Friedman
  Drums - Beaver Harris
B1 Truth Is Marching In
  Bass - Bill Folwell, Henry Grimes
  Drums - Beaver Harris
  Tenor Saxophone - Albert Ayler
  Trumpet - Donald Ayler
  Violin - Michel Sampson
B2 Our Prayer
  Bass - Bill Folwell, Henry Grimes
  Drums - Beaver Harris
  Tenor Saxophone - Albert Ayler
  Trumpet - Donald Ayler
  Violin - Michel Sampson
 
モダンジャズの全盛期といえば1950年代及び60年代になる。1950年代はじめにビバップからハードバップになり、60年代は多様なスタイル、ジャズ・ロック、ボサノヴァ、新主流派そしてフリー・ジャズなど同じジャズでは括りにくいほど幅が拡がっていくのである。
特に50年代後半にオーネット・コールマン達によって登場したフリー・ジャズは、それまでの音楽的制約から解き放されたものを求めて全く新しい演奏手法を使っているのである。
ただ、フリーと言っても個々のプレーヤーが好き勝手なことをやっているのではなく、そこには約束事があって、グループ・サウンド的なまとまりがあるが聴く側にとってはあたかもそれぞれが勝手に演奏しているように思えるのも事実である。
主なフリー系のジャズメンを挙げると、オーネット・コールマン、ドン・チェリー、ジョン・コルトレーン、アルバート・アイラー、ポール・ブレイ、カーラ・ブレイ、アーチー・シェップ、マリオン・ブラウン・ジョン・チカイなどで他にもたくさんいるのである。
こういったジャズメン達が精力的に活躍した1960年代はジャズが最も昇華した時代と言えるのではないだろうか。逆に言うと後になって考えるのは「あのエネルギーをほとばしらせた60年代のジャズは以後の時代では聴けなくなった」ということである。

今回紹介する一枚は60年代彗星のごとく現れたテナーサックス奏者、アルバート・アイラーである。
アイラーのインパルス第一弾は1966年12月18日、ニューヨーク「ヴィレッジ・ヴァンガード」及び1967年2月26日、ニューヨーク「グリニッジ・ヴィレッジ」でのライブ・レコーディング。ヴィオリンやチェロを加えたグループ・サウンドを追求した作品で、「フォー・ジョン・コルトレーン」はタイトル通りジョン・コルトレーンに捧げられた曲である。また1967年7月にコルトレーンが亡くなり、告別式でアイラー「トゥルース・イズ・マーチング・オン」を演奏している。1960年代ジャズは多様化するが、フリー・ジャズを代表する大傑作であり、エネルギーの爆発は私達の心に感動をそして感銘さえも与えてくれるのである。

Cover Photo
Cover Photo
Cover Photo
Order No. 56587
Artist/Group Albert Ayler
Title Albert Ayler In Greenwich Village
Price
Country USA
Company Impulse
Prefix AS 9155
Issue Year 1967
Media 12" LP
Recording Stereo
Label Orange black lbl w/"ABC Records" printed at bottom
Originality Original
Matrix No. Side A
Matrix No. Side B
Engineer George Klabin
Mastering Engineer
Cover Condition
Vinyl Condition
Cover GF/CJ
Sound Grade Top Recommended