過去の今週の一枚



リストの見方
Cover Photo <Track Title>
A1a Introduction By Art Blakey
A1b Sportin' Crowd
A2 Like Someone In Love
A3 Yesterdays
B1 Avila And Tequila
B2 I Waited For You

<Personnel>
Bass - Doug Watkins
Drums - Art Blakey
Piano - Horace Silver
Tenor Saxophone - Hank Mobley
Trumpet - Kenny Dorham
 
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズは1950年代からブレイキーが亡くなる1990年ころまで活躍したジャズ界きってのグループで、リー・モーガン、ベニー・ゴルソンほか数多くのジャズメンを輩出した名門グループである。ブレイキーは1940年代後半からグループ名にメッセンジャーズという名称を用いていたのだが、ザ・ジャズ・メッセンジャーズという名称でのレコーディングは多分本作が最初とされる。同じブルーノートへのレコーディングで1954年2月21日バードランドでのライブ盤のときはアート・ブレイキー・クインテットという名称を使っていて、ピアノのホレス・シルバーの進言で頭にジャズを加えてザ・ジャズ・メッセンジャーズとしたのである。
フロントラインはケニー・ドーハム、ハンク・モブレーという若手のバリバリが努め、ピアノに多分バンド内の位置はブレイキーと同格のシルバー、ベースにダグ・ワトキンスそしてドラムは勿論ブレイキーというメンバーで1955年11月23日、グリニッジ・ヴィレッジにあったカフェ・ボヘミアに登場した。演奏が凄い、ドーハムの神がかり的なソロやモブレーの熱気溢れるプレイ、シルバーも乗りに乗ってブレイキーがメンバーを煽る、正にハードバップ・ジャズである。
50年代中頃のライブ・レコーディングにはあまり優れた録音が見受けられないのだが、アルフレッド・ライオンによるプロデュース、ルディ・ヴァン・ゲルダーによるレコーディング&マスタリングによって、見事なまでのエネルギー、会場の熱気が再現されるのである。
ジャズ史に残る1枚!

Cover Photo
Cover Photo
Cover Photo
Order No. 56021
Artist/Group Art Blakey & The Jazz Messengers
Title The Jazz Messengers At The Cafe Bohemia Volume 2
Price
Country USA
Company Blue Note
Prefix BLP 1508
Issue Year 1956
Media 12" LP
Recording Monaural
Label Blue & white lbl w/ "Lexington Ave., NYC" adress on lbl
Originality Original
Matrix No. Side A
Matrix No. Side B
Engineer Rudy Van Gelder
Mastering Engineer
Cover Condition
Vinyl Condition
Cover CJ
Sound Grade Kindan no Oto