過去の今週の一枚



リストの見方
Cover Photo (完売)
<Track title>
A1 Just One Of Those Things
A2 Gypsy In My Soul
A3 The Man I Love
A4 Frankie And Johnny
<Personnel>
Piano - Arnold Ross
Guitar - Barney Kessell
Bass - Monty Budwig
Drums - Joack Mills

A5 Anita's Blues
A6 I Over The Waterfront
<Personnel>
Piano - Bud Levin
Bass - Monty Budwig
Drums - John Paul

B1 You're Getting To Be A Habit With Me
B2 From This Moment On
B3 You Don't Know What Love Is
B4 There'll Medley: Never Be Another You / Just Friends
<Personnel>
Piano - Jimmy Rowls
Guitar - Tal Farlow
Bass - Leroy Vinnegar
Drums - Larry Bunker

B5 I Didn't Know What Time It Was
B6 Let's Fall In Love
<Personnel>
Piano - Bud Levin
Bass - Monty Budwig
Drums - John Pau

Vocals - Anita O'Day
 
1940年代、ジーン・クルーパ楽団の専属として活躍し一流歌手の仲間入りをしたアニタ・オデイは、冤罪によるクルーパの逮捕によってバンドが解散し、やむなくウディ・ハーマン楽団に移籍、わずかの期間で再びスタン・ケントン楽団に移籍するものの、クルーパ楽団が再結成されると復帰し、1945年にはダウン・ビート誌がアニタを「ベスト女性バンド・ヴォーカリスト」に選出している。
40年代は華々しい活躍をしたアニタだが、1947年、麻薬の所持で逮捕された。失意のどん底というかシャブ中だったアニタを救ったのがマーキュリーでレコーディング・エンジニアやプロデューサーを務めていたノーマン・グランツである。
グランツは1952年に独立し、アニタに麻薬を断ち切らせるとともにレコーディングの機会を与え、NorgranそしてVerveに数多くのレコーディングを残している。Verve時代のアニタにも優れたレコードはいくつも有るが、私はNorgran時代を高く評価したい。
本作は35歳のアニタが3タイプのリズムセクションをバックに、スインギーなナンバーから涙あふれるバラードまで様々な表情を見せてくれます。アニタならではの懐深い歌いまわしは独特で、究極のノンビブラート奏法が聴くものの心を鷲掴みにします。
そして音はNorgranの・・・そう、あの世の音であります。

Cover Photo
Cover Photo
Cover Photo
Order No. 55629
Artist/Group Anita O'Day
Title An Evening with Anita O'Day
Price
Country USA
Company Norgran
Prefix MGN 1057
Issue Year 1956
Media 12" LP
Recording Monaural
Label Yellow lbl w/"The Man with Horn" logo, & w/"Nogran Sales Corp." printed at bottom
Originality Original
Matrix No. Side A
Matrix No. Side B
Engineer
Mastering Engineer
Cover Condition
Vinyl Condition
Cover
Sound Grade Kindan no Oto