過去の今週の一枚



リストの見方
Cover Photo (完売)
A1 Don't Be That Way
A2 One O'Clock Jump
A3 Dixieland One-Step
A4 I'm Coming Virginia
A5 When Baby Smiles At Me
A6 Shine
A7 Blue Reverie
A8 Life Goes To A Party
B1 Honeysuckle Rose
B2 Body And Soul
B3 Avalon
B4 The Man I Love
B5 I Got Rhythm
C1 Blue Skies
C2 Loch Lomond
C3 Blue Room
C4 Swingtime In The Rockies
C5 Bei Mir Bist Du Schon
C6 China Boy
D1 Stompin' At The Savoy
D2 Dizzy Spells
D3 Sing Sing Sing
D4 Big John's Special

<Personnel>
Alto Saxophone - Hymie Schertzer (tracks: A1 to A8, C1 to C5, D3, D4), Johnny Hodges (tracks: B1)
Baritone Saxophone - Harry Carney (tracks: A3 to B1)
Bass - Harry Goodman (tracks: A1 to A8, C1 to C5, D3, D4), Walter Page (tracks: B1)
Clarinet - Benny Goodman
Cornet - Bobby Hackett (tracks: A3 to A8)
Drums - Gene Krupa
Guitar - Allan Reuss (tracks: A1 to A8, C1 to C5, D3, D4), Freddie Green (tracks: B1)
Piano - Count Basie (tracks: B1), Jess Stacy (tracks: A1 to A8, C1 to C5, D3, D4), Teddy Wilson (tracks: B2 to B5, C6 to D2)
Soprano Saxophone - Johnny Hodges (tracks: A3 to A8)
Tenor Saxophone - Art Rollini (tracks: A1 to A8, C1 to C5, D3, D4), Babe Russin (tracks: A1 to A8, C1 to C5, D3, D4), George Koenig (tracks: A1 to A8, C1 to C5, D3, D4), Lester Young (tracks: B1)
Trombone - Red Ballard (tracks: A1 to A8, C1 to C5, D3, D4), Vernon Brown (tracks: A1 to B1, C1 to C5, D3, D4)
Trumpet - Buck Clayton (tracks: B1), Gordon Griffin (tracks: A1 to A8, C1 to C5, D3, D4), Cootie Williams (tracks: A3 to A8), Harry James (2) (tracks: A1 to B1, C1 to C5, D3, D4), Ziggy Elman (tracks: A1 to A8, C1 to C5, D3, D4)
Vibraphone - Lionel Hampton (tracks: B3 to B5, D1, D2)
Vocals - Martha Tilton (tracks: C2)
 
歴史的な1938年1月16日、ベニー・グッドマン楽団、カーネギー・ホール・コンサートの記録。当時クラシックの殿堂であったカーネギー・ホールでジャズの楽団が演奏するということで大きな話題となり、観客席にはデューク・エリントン楽団やカウント・ベイシー楽団のスター達も駆けつけていました。ただ、このときの録音は残っていなく、1950年ころグッドマンの自宅で娘さんが偶然に見つけたV ディスクに録音されていました。それをグッドマンは自宅では再生せずにColumbiaに持ち込み、Columbiaからシングル盤のセット及びLP2枚に分けたものそしてLP 2枚組として発売され、これはそのうちのLP2枚組です。
演奏内容を紹介してみよう。
楽団のテーマソング、「ドント・ビー・ザット・ウェイ」から始まり、オーケストラ演奏を挟んで
「ジャズの20年史」・・・ゲストとしてボビー・ハケットが登場し、また楽団のスター、ハリー・ジェイムスがフィーチャーされている。
デューク・エリントン楽団及びカウント・ベイシー楽団のメンバーも加わった一大ジャム・セッション「ハニー・サックルローズ」・・・レスター・ヤング、バック・クレイトン、カウント・ベイシー、クーティ・ウィリアムス、ジョニー・ホッジス、ハリー・カーネイそしてグッドマンなどが素晴らしいプレイを見せてくれる。
再びオーケストラ演奏と合間にはライオネル・ハンプトン、テディ・ウィルソンを加えたトリオないしはカルテット演奏・・・白人と黒人が同じステージに立つことはタブーとされていた時代にグッドマンはその垣根を取っ払い、楽団演奏の合間にライオネル・ハンプトン、テディ・ウィルソンとのトリオ&カルテットで演奏をしていた。
紅一点、魅惑の歌姫マーサ・ティルトンによる「ロック・ロモンド」そして「素敵なあなた」・・・「素敵なあなたは」はユダヤ民謡であり、ジギー・エルマンによるフラーリッヒが聴ける。
そしてハイライトは「シング・シング・シング」・・・「シング・シング・シング」はルイ・プリマ作曲のあまり有名な曲ではなかったのだが、「クリストファー・コロンブス」と合併させてコンサートでは演奏された。ジーン・クルーパによる野性味溢れるドラミングに引っ張られて、テーマ、クリストファー・コロンブス、グッドマンのソロ、クルーパのドラムソロと盛り上がったところでスターの登場である。当時人気ナンバーワンのトランペッター、ハリー・ジェイムスが一世一代のソロ聴かせてくれると会場は興奮の坩堝、このコンサートが大成功であったことを感じることが出来る。そして「シング・シング・・・」は名曲となったのである。
ジャズ史に残る一大イベントの記録、そして本アルバムはマトリクスナンバーが全て1Aとなっていて、まさにお宝である。

Cover Photo
Cover Photo
Cover Photo
Order No. 55384
Artist/Group Benny Goodman
Title The Famous 1938 Carnegie Hall Jazz Concert
Price
Country USA
Company Columbia
Prefix SL 160
Issue Year 1950
Media 12" LP
Recording Monaural
Label Green lbl w/gold print & logo
Originality Original
Matrix No. Side A XLP3601-1A/XLP3604-1A
Matrix No. Side B XLP3602-1A/XLP3603-1A
Engineer
Mastering Engineer
Cover Condition
Vinyl Condition
Cover GF
Sound Grade Recommended