過去の今週の一枚



リストの見方
Cover Photo (完売)
A1 All The Cats Join In
  Bass - Walter Page
  Drums - Bobby Donaldson
  Guitar - Steve Jordan
  Piano - Kenny Kersey
  Tenor Saxophone - Coleman Hawkins, Julian Dash
  Trombone - J. C. Higginbotham, Tyree Glenn
  Trumpet - Billy Butterfield, Buck Clayton, Ruby Braff
  Vibraphone - Tyree Glenn
A2 Out Of Nowhere
  Bass - Milt Hinton
  Drums - Jo Jones
  Guitar - Steve Jordan
  Piano - Al Waslohn
  Tenor Saxophone - Buddy Tate, Coleman Hawkins
  Trombone - Benny Green, Dickie Harris
  Trumpet - Buck Clayton, Ruby Braff
A3 Don't You Miss Your Baby
  Bass - Walter Page
  Drums - Bobby Donaldson
  Guitar - Steve Jordan
  Piano - Kenny Kersey
  Tenor Saxophone - Coleman Hawkins, Julian Dash
  Trombone - J. C. Higginbotham
  Trumpet - Billy Butterfield, Buck Clayton, Ruby Braff
  Vocals - Jimmy Rushing

B1 Lean Baby
  Alto Saxophone - Lem Davis
  Baritone Saxophone - Charlie Fowlkes
  Bass - Walter Page
  Drums - Jo Jones
  Guitar - Freddie Green
  Piano - Sir Charles Thompson
  Tenor Saxophone - Julian Dash
  Trombone - Henderson Chambers, Urbie Green
  Trumpet - Buck Clayton, Joe Newman
B2 Blue Lou
  Bass - Milt Hinton
  Drums - Jo Jones
  Guitar - Steve Jordan
  Piano - Al Waslohn
  Tenor Saxophone - Buddy Tate, Coleman Hawkins
  Trombone - Benny Green, Dickie Harris
  Trumpet - Buck Clayton, Ruby Braff
 
1930年代後半、カウント・ベイシー楽団が華々しく活躍していたときのスターはレスター・ヤング、バック・クレイトン、ハリー・エディソンなどであった。
1953年、バック・クレイトンはコロンビアに移籍しレコーディングを行う。ジョン・ハモンドのアイディアでカント・ベイシー楽団のスターたちを中心にジャムセッションを行うというものである。この企画は"The Huckle-back and Robins' Nest"というタイトルでレコード化され大ヒットとなり、1955年及び56年にもメンバーの入れ替わりはあったものの同様のレコーディングが行われそれぞれヒットアルバムとなっている。
今回紹介する"All the Cats Join in"はシリーズ最後の作品で、1953年、1955年&1956年のセッションで未発表音源を収めたものである。それぞれのセッションのメンバーを見て頂きたい。"Learn BAby"リズムはウォルター・ペイジ、ジョー・ジョーンズ&フレディ・グリーン、この顔ぶれを見て「オッ」と思う方はかなりの通である。もちろん1930年代にオール・アメリカン・リズム・セクションと呼ばれたカウント・ベイシー楽団のリズム陣なのだ。ほかのセッションも含めてコールマン・ホーキンス、ルビイ・ブラフ、サー・チャールス・トンプソン等々中間派の名手たちがズラッと並んでいる。
タイトル曲ではベニー・グッドマン楽団の「シング・シング・シング」でのドラムみたいなドラムソロのイントロからクレイトンのソロ、その後コールマン・ホーキンスの豪快過ぎるテナーサックスがバリッと登場して無茶苦茶カッコいいのである。その後もタイリー・グレン、ルビイ・ブラフ、J.C.ヒギンボッサムと実にスインギーなソロが飛び出してくる。いわゆる「血沸き肉躍る」というやつなのだ。聴いているとだんだん元気が出てきた・・・明日への活躍のみなもとである。
このシリーズはLPが5枚ほどあるが全部揃えておきたい。

Cover Photo
Cover Photo
Cover Photo
Order No. 50059
Artist/Group Buck Clayton
Title All the Cats Join in
Price
Country USA
Company Columbia
Prefix CL 882
Issue Year 1956
Media 12" LP
Recording Monaural
Label 6Eye without "CBS" logo at top
Originality Original
Matrix No. Side A 2A
Matrix No. Side B 2B
Engineer
Mastering Engineer
Cover Condition
Vinyl Condition
Cover CJ
Sound Grade Top Recommended