過去の今週の一枚



リストの見方
Cover Photo A1 Wave
A2 The Red Blouse
A3 Look To The Sky
A4 Batidinha
A5 Triste

B1 Mojave
B2 Dialogo
B3 Lamento
B4 Antigua
B5 Captain Bacardi

Arranged By, Conductor - Claus Ogerman
Bass - Ron Carter
Piano, Guitar, Harpsichord - Antonio Carlos Jobim
 
私はアントニオ・カルロス・ジョビンを一生懸命聴いていたのか?と言われると「ノー」である。いつもモダンジャズを聴いている私の感性にはピッタリ来なかったというのが正直なところなのだ。でもその「ピッタリ来なかった」が変わったきっかけが「ストーン・フラワー」だった。初めて聴いたときは無茶苦茶音がいいのと「ボサノヴァってこんなにハートに来るものかな〜」と凄く感動したものがあったのを覚えている。そういえば、ジョビンの曲には「ワン・ノート・サンバ」、「デサフィナード」「美味しい水」など綺麗で覚えやすくて綺麗なメロディーがたくさんあるのも知ってはいたけど。
アントニオ・カルロス・ジョビンは20世紀を代表するブラジルの作曲家であり、ギター、ピアノなどを演奏し、1950年代後半ブラジルでボサノヴァというスタイルの音楽が出来上がり、アメリカに渡って世界的なボサノヴァ・ブームを作り出した立役者の一人である。
ジョビンが1967年A&Mに移籍し、名プロデューサー、クリード・テイラーののもとで最初に作ったアルバムがこの「ウェーブ」である。このアルバムは世界的にヒットし「究極のイージーリスニング」とも称されるように、とても美しい音で聴く者を和ませてくれる。それだけではなく、録音はヴァンゲルダー・スタジオで行われ、音質的にも非常にレベルの高いものとなっている。そして、今回紹介するLP-2002はモノラルそれもホワイトプロモラベルなのだ。このアルバムは大ヒットしたため数はたくさん出ているとは思うが殆どがステレオであり、このアルバムの前後でモノラル録音はなくなってしまうので、モノラル自体はかなり希少なものだと思う。
カートリッジをモノラルにして聴くと、コパカバーナのビーチで別嬪さんのお尻でも眺めながらぼんやりしているような気分になるのだ。

Cover Photo
Cover Photo
Cover Photo
Order No. 49224
Artist/Group Antonio Carlos Jobim
Title Wave
Price
Country USA
Company A&M
Prefix LP 2002
Issue Year 1968
Media 12" LP
Recording Stereo
Label WLP
Originality Original
Matrix No. Side A
Matrix No. Side B
Engineer Rudy Van Gelder
Mastering Engineer
Cover Condition
Vinyl Condition
Cover GF
Sound Grade Top Recommended