過去の今週の一枚



リストの見方
Cover Photo A1 Serenata9
A2 It Ain't Necessarily So
A3 Avalon
A4 I Remember Clifford
A5 Blues March

B1 It's All Right With Me
B2 Park Avenue Petite
B3 Mox Nix
B4 Easy Living
B5 Killer Joe

<Personnel>
Bass - Addison Farmer
Drums - Lex Humphries
Piano - McCoy Tyner
Tenor Saxophone - Benny Golson
Trombone - Curtis Fuller
Trumpet - Art Farmer
 
アート・ブレイキー&ジャズメッセンジャーズが超人気グループになったのはボビー・ティモンズ作曲「モーニン」の大ヒットによろところというのは誰もが認めるところではあるが、もう一つの要素として当時同グループのミュージカル・ディレクターだったベニー・ゴルソンが果たしていた役割も忘れてはいけない。「モーニン」が収録されているアルバム「アート・ブレイキー&ザ・ジャズメッセンジャーズ」では「ブルース・マーチ」をはじめゴルソン作の曲が全6曲中4曲も含まれているし、彼の編曲による特徴的なハーモニー(通称:ゴルソン・ハーモニー)がふんだんに盛り込まれているのだ。1950年代後半のベニー・ゴルソンは「グルーヴィン・ハイ」ほかリーダー作はもちろんリー・モーガン/Vol. 3、カーティス・フラー/ブルースエット、アート・ファーマー/モダン・アート、ミルト・ジャクソン/バグス・オパスなどサイドメンとしてもそれぞれのアルバムの成功に貢献している。「モダン・アート」で息の合ったプレイを見せたアート・ファーマーとゴルソンは双頭コンボ、ジャズテットを結成し、今回紹介するこの「ミーツ・ザ・ジャズテット」収録に至るのである。
ここではファーマー、ゴルソンに加えてカーティス・フラーの3管編成で、ハーモニーの分厚さ、ファーマーとゴルソンの絡みそして曲も名作「アイ・リメンバー・クリフォード」、誰でも知っている「イッツ・オールライト・・」、ハードボイルドな「キラー・ジョー」など聴きどこ満載の演奏であり、のちの世まで名作との誉れ高いアルバムとなったのである。ステレオ盤は音もジャケットの写真の同じ中央にファーマー、左にゴルソンそして右からフラーが出てきて見事なソロやハーモニーを聴かせてくれる特上の音質である。
お宝!

Cover Photo
Cover Photo
Cover Photo
Order No. 47221
Artist/Group Art Farmer / Benny Golson
Title Meet The Jazztet
Price
Country USA
Company Argo
Prefix LPS 664
Issue Year 1960
Media 12" LP
Recording Stereo
Label Dark blue lbl w/silver print & logo
Originality Original
Matrix No. Side A
Matrix No. Side B
Engineer Tommy Nola
Mastering Engineer
Cover Condition
Vinyl Condition
Cover
Sound Grade Killer Sound