過去の今週の一枚



リストの見方
Cover Photo <side 1>
1. Ouverture
Larghetto e staccato - Allegro
2. Recitatif (tenor)
"From harmony"
3. Recitaif accompagne (tenor)
"When Nature"
Larghetto e piano
4. Choeur
"From harmony"
Allegro
5. Air (soprano)
"What passion cannot music raise?"
Adagio - Andante
6. Solo (tenor)
"The trumpet's loud clangour"
Allegro

<side 2>
1. Marche
2. Air (soprano)
"The soft complaining flute"
Andante - Adagio
3. Air (tenor)
"Sharp violins proclaim"
Allegro
4. Air (soprano)
"But oh! What art can reach"
Larghetto e mezzo piano
5. Air (soprano)
"Orpheus could lead the savage race"
alla Hornpipe
6. Recitatif accompagne (soprano)
"But bright Cecilia"
Largo
7. Solo (soprano) et choeur
"As from the power of sacred lays"
Crave
 
数年前偶然に入荷したカール・リステンパルト/ハイドン交響曲を聴いていたらベルサイユ宮殿が目の前に出てきてビックリしたことがある。それからCFD(Le Club Francais du Disque)というフランスのレーベルが気になっていた。これまで入荷したものはシドニー・ベシェなど一部のジャズを除いて殆どがクラシックだった。今回もまとまって入荷したので聴いてみたが、このレーベルはやっぱり音作りが他とはかなり違う。フランスだからかもしれないが、とにかく耳に優しいのだ。
今回紹介するヘンデル:「聖セシリアの日のためのオード」を聴いていくとシュティヒ・ランダルのソプラノが出てきたとき「わ〜、これは!!!」・・・ヒバリのさえずりが空を飛んでいるような透明感のある声がモノラルなのにあちこちを飛び回るのだ。久しぶりに鳥肌が立った。シュティヒ・ランダル、ルックスはまだ知らないけど、凄い別嬪さんだと思う。

Cover Photo
Cover Photo
Cover Photo
Order No. 45618
Artist/Group Anthony Bernard / Theresa Stich-Randall / Alesander Young / The London Chamber Singers / The London
Title Haendel: Ode pour la Sainte Cecile
Price
Country French
Company Le Club Francais du Disque
Prefix CFD 180
Issue Year
Media 12" LP
Recording Monaural
Label Pink & white lbl
Originality Original
Matrix No. Side A
Matrix No. Side B
Engineer
Mastering Engineer
Cover Condition
Vinyl Condition
Cover
Sound Grade Kindan no Oto