過去の今週の一枚



リストの見方
Cover Photo <side 1>
1. Take the 'A' Train
2. Something to Live For
3. In a Mellow Tone
4. Time After Time
5. Go Away Blues
6. Can't Help Lovin' Dat Man

<side 2>
1. Route 66
2. All My Life
3. I Just Got the Message, Baby
4. All Too Soon
5. You Don't Love Me No More
6. September in the Rain

<personnel>
Eddie Costa(vib), Conte candoli(tp), Donn Trenner(p), Whitey Mitchell(b), Davey Williams(ds)
 
10年ほど前のこと、寺嶋靖国さんと一緒に久留米でトークライブをやって、帰りの車の中で私が余計なことを言ってしまった。「エリントンが好きで、ずっと聴いていますのでエリントンのことならたいていのことは知っています」。寺島さん「ベティ・ローシュは御存じですか?」。すぐに思い出せない。「確かエリントン・アップタウンの中で「A列車」を歌っていましたよね」と答えると寺島さん「ベツレヘムにいいレコードがありますね」・・・私「知りません」。確かレコード店を始めて3年目くらいのときだったと思うが、まだまだ知識不足だったな〜(今も大して変わらないけど)。
これがベティ・ローシュの代表作、ベツレヘム盤です。ベティ・ローシュは1942〜43年及び52〜53年にデューク・エリントン楽団に在籍し、同楽団と一緒にカーネギー・ホールにも出演し、また「エリントン・アップ・タウン」では「A・トレイン」でのスキャットを交えた歌で有名になりました。このアルバムではエディ・コスタのコンボをバックに、やはりスキャットを交えながらの「A・トレイン」ほかエリントンの曲、6曲を中心に選曲してムードはエリントン。今はすごく好きなヴォーカルになりました。

Cover Photo
Cover Photo
Cover Photo
Order No. 44658
Artist/Group Betty Roche
Title Take the "A" Train
Price
Country USA
Company Bethlehem
Prefix BCP 64
Issue Year 1956
Media 12" LP
Recording Monaural
Label Maroon lbl w/"Bethlehem" logo in an arc across the top
Originality Original
Matrix No. Side A
Matrix No. Side B
Engineer Johnny Cue, Frank Abbey
Mastering Engineer
Cover Condition
Vinyl Condition
Cover CJ
Sound Grade Top Recommended