過去の今週の一枚



リストの見方
Cover Photo <Side 1>
I Left My Heart in Sanfranscisco
Desafinado
Dood Life
I Wanna Be Around
Lazy Crazy Days of Summer

<Side 2>
Our Day Will Come
He Loves Me
I've Got Sweet Sounds
Days of Wine and Roses
What Kind of Fool Am I

Blossom Dearie(vo), Joe Harnell(p), Ted Sommer(ds), Dick Romoff(b), Jerome Richardson(fl, ts)
 
ブロッサム・ディアリー・・・声が可愛くてチャーミング(ちょっと文章では表現しにくい)&ピアノが上手くて、Verve時代は自身のトリオで活躍していた。北九州のK藤さんは「ブロッサム・ディアリー」みたいなヴォーカルが欲しいとおっしゃる。そのディアリーがVerve からCapitolへ移籍する間の1963年に録音されたのがこのアルバムである。レーベルはハイヤーズ・ルートビア、ビール会社なのだ。ビール会社の特典としてお客様に配られたアルバムだそうである。問題は内容・・・演奏内容があまりにも素晴らしいためにディアリーの最高傑作とも言われている。取り上げている曲は当時のヒットソングが多く、これがまた1曲1曲味わいがあってもう○○が△▽どころではない。 殆ど市場に出回ることがない幻の名盤・・・末永く手元に置いておきたいアルバムである。

Cover Photo
Cover Photo
Cover Photo
Order No. 42884
Artist/Group Blossom Dearie
Title Blossom Dearie Sings Rootin' Songs
Price
Country USA
Company Hires Root Beer
Prefix PB 1110/1111
Issue Year 1963
Media 12" LP
Recording Monaural
Label WLP
Originality Original
Matrix No. Side A
Matrix No. Side B
Engineer
Mastering Engineer
Cover Condition
Vinyl Condition
Cover
Sound Grade Kindan no Oto