過去の今週の一枚



リストの見方
Cover Photo <Side 1>
Move
Groovin' High
Opus de Funk
Round Midnight
Four Brothers
Shawnuff

<Side 2>
Bernie's Tune
Walkin' Shoes
Anthropology
Airegin
Walkin
Donna Lee

Art Pepper(as), Pete Candoli, Jack Sheldon(tp), Dick Nash(tb), Bob Enevoldsen, Herb Geller, Bill Perkins, Med Flory(sax), Victor Rosa(frh), Russ Freeman(p), Joe Mondragon(b), Mel Lewis(ds)
 
「アート・ペッパーの全盛時代は?」と問われたら殆どの人が1950年代を指すだろう。私も同感だ。特に大傑作"Meets the Rhythm Section"の前後が最もイマジネーション豊かな演奏をしていると思う。このアルバムは"Meets..."の2年後、1959年の作品で、メンバーをご覧になったら分かるように、西海岸のオールスター・キャストが勢ぞろいしているのである。これはレスター・ケーニッヒがペッパーにかけた並々ならぬ期待を示すものではないだろうか。ありきたりの表現で申し訳ないが、ペッパーの「艶やかな」アルトサックスが次から次に豊かなフレーズを醸し出している。特に「ラウンド・ミッドナイト」はこれまで聴いた同曲とはかなり雰囲気が違って、ペッパーの全盛時代は今だ!と言わせるような演奏だ。

Cover Photo
Cover Photo
Cover Photo
Order No. 39425
Artist/Group Art Pepper
Title Art Pepper + Eleven, Modern Jazz Classics
Price
Country USA
Company Contemporary
Prefix S 7568
Issue Year 1959
Media 12" LP
Recording Monaural
Label Black lbl w/gold print & logo
Originality Original
Matrix No. Side A D4
Matrix No. Side B D4
Engineer Roy DuNann
Mastering Engineer
Cover Condition
Vinyl Condition
Cover
Sound Grade Top Recommended