過去の今週の一枚



リストの見方
Cover Photo <Side 1>
You'd Be So Nice to Come Home to
Red Pepper Blues
Imagination
Waltz Me Blues

<Side B>
Jaz Me Blues
Tin Tin Deo
Star Eyes

<Personel>
Art Pepper(as), Red GArland(p), Paul Chambers(b), Philly Jo Jones(ds)

 
アート・ペッパーの最高傑作といえばこのマイルス・デイヴィス・クインテットのリズムセクションと共演した「ミーツ・ザ・リズム・セクション」で間違いないだろう。他にもマーティ・ペイチ・カルテットやモダン・アートなどを挙げる方もいらっしゃるだろうが私はこれだ。最初の「ユーッド・ビー・ソー・・・」のイントロで出てくる艶やかなアルトサックスのフレーズを聴いた途端にペッパーの世界に引きずり込まれてしまう。そうしてもう一つの魅力がマイルス・クインテットの三人が醸し出すリズムである。リズムがバチッと決まっているのでソロをとるペッパーもより豊かなイマジネーションが生まれてきて繰り広げるフレーズが素晴らしい展開を見せていくのである。このアルバムには音的な魅力もある。Stereo Recordsというレーベルは1958年、Contemporaryがステレオ録音を発売した際に約30タイトルのステレオ・アルバムのみ使用したレーベル名であり、翌年には同じタイトルでもContemporaryになり、レコード番号も違うものが発売されている。後のプレスではペッパーは左、リズムの三人は右と別れていてステレオイメージがイマイチだが、この
Stereo Records盤はドラムが右側ながらもセンター寄りに定位するのでより自然な臨場感になっているのだ。アート・ペッパーの最高傑作をお手元にどうぞ。


Cover Photo
Cover Photo
Cover Photo
Order No. 35987
Artist/Group Art Pepper
Title Meets the Rhythm Section
Price
Country USA
Company Stereo Records
Prefix S 7018
Issue Year 1958
Media 12" LP
Recording Stereo
Label Black lbl w/gold print & logo
Originality Original
Matrix No. Side A D3
Matrix No. Side B D3
Engineer Roy DuNann
Mastering Engineer
Cover Condition
Vinyl Condition
Cover
Sound Grade Top Recommended