商品詳細



リストの見方
Cover Photo <Tracklist>
A1 Spring Is Here
A2 I Hear Music
A3 Autumn In New York
A4 I'm Glad There Is You
B1 I Can't Give You Anything But Love
B2 The Things We Did Last Summer
B3 Polka Dots And Moonbeams
B4 One For My Baby

<Personnel>
Bass - Ray Brown
Guitar - Barney Kesel
Piano - Oscar Peterson
 
deep groove)カナダ出身のオスカー・ピーターソンがノーマン・グランツの勧めでニューヨークに進出したのは1949年。以後グランツのもとでピアノトリオを率いて活躍、またJATPやクレフ、ノーガンのレコーディングでも積極的に起用されて、50年代は大活躍だった。ピーターソンの初期トリオは、当時憧れていたナット・キング・コールのピアノトリオ・スタイルと同じ編成でドラムレスである。本作はその編成でピーターソンの弾き語りが聴ける一枚。で、聴いてみるとこれが実に見事なヴォーカルである。ピーターソンはこのままヴォーカリストになっても良かったのでは?と思えるような内容なのだ。しかし、声も歌い方もキング・コールそっくり。これが響いてピーターソンはキング・コールが亡くなる1965年までヴォーカルは演らなかったとか。歌はうまいし、音も良くてナイスなアルバムである。

Cover Photo
Cover Photo
Cover Photo
Order No. 58101
Artist/Group Oscar Peterson
Title Oscar Peterson Sings
Price \25,300
Country USA
Company Clef
Prefix MGC 145
Issue Year 1954
Media 10" LP
Recording Monaural
Label Black lbl w/"Jazz at the Philharmonic, Inc." printed at bottom
Originality Original
Matrix No. Side A
Matrix No. Side B
Engineer
Mastering Engineer
Cover Condition VG++
Vinyl Condition VG++/VG+
Cover
Sound Grade Kindan no Oto