商品詳細



リストの見方
Cover Photo <Track Title>
A1 The Birth Of A Band
A2 Moanin'
A3 I Remember Clifford
A4 Along Came Betty
A5 Tickle Toe
B1 Happy Faces
B2 Whisper Not
B3 The Gypsy
B4 A Change Of Pace
B5 Tuxedo Junction

<Personnel>
Bass - Milt Hinton
Drums - Sam Woodyard
Piano - Patricia Ann Bown
Saxophone - Benny Golson, Frank Wess, Phil Woods, Sahib Shihab, Zoot Sims
Trombone - Jimmy Cleveland, Melba Liston, Quentin Jackson, Urbie Green
Trumpet - Clark Terry, Ernie Royal, Joe Newman, Quincy Jones
 
deep groove, company sleeve, rubber stamp on bc)クインシー・ジョーンズはトランペット奏者ではあるが、作編曲に才能を発揮しカウント・ベイシー楽団の編曲を担当したり、またレコード・レーベルの経営においても手腕を発揮し、マーキュリーでは副社長にまで上り詰めた。ジャズだけでなく世界的なヒットとなったマイケル・ジャクソン/スリラーのプロデュースを務めたことも皆さんの知るところである。本作はジョーンズがモダンジャズのビッグバンドに取り組んだ作品で、自身はトランペット、リーダー及び編曲、曲によっては編曲にナット・ピアース、アル・コーン、メルバ・リストンなどを起用し、ズート・スムス、クラーク・テリー、フィル・ウッズなどの豪華メンバーによるオールスター・バンドであり、見事な出来栄えとなっていて、ジョーンズの代表作の1枚である。ジャケット裏にハイ・ファイ・インフォメーションが記載されいて、サックス・セクションには"テレフンケンU-47"マイク、トランペット・セクションには"RCA 44BX"マイクを使用したとあるのは非常に興味深いデータである。

Cover Photo
Cover Photo
Cover Photo
Order No. 57236
Artist/Group Quincy Jones
Title The Birth of Band
Price \7,480
Country USA
Company Mercury
Prefix SR 60129
Issue Year 1959
Media 12" LP
Recording Stereo
Label Black lbl w/"Stereo" at top
Originality Original
Matrix No. Side A
Matrix No. Side B
Engineer
Mastering Engineer
Cover Condition EX-/VG++
Vinyl Condition EX-/VG++
Cover CJ
Sound Grade Top Recommended