過去の今週の一枚



リストの見方
Cover Photo A1 Moanin' With Hazel
A2 We Named It Justice

B1 Blue March For Europe No.1
B2 Like Someone In Love

<Personnel>
Bass - Jimmy Merritt
Drums - Art Blakey
Piano - Bobby Timmons
Tenor Saxophone - Benny Golson
Trumpet - Lee Morgan
 
アメリカ産のジャズは1930年代にはヨーロッパでも盛んに聴かれまた演奏されるようになった。これはレコードの普及及びアメリカのジャズメンが渡欧しないしは住みついて(シドニー・ベシェ、コルマン・ホーキンス他多数)演奏したなどの理由がある。とりわけフランスではジャズが盛んでジャンゴ・ラインハルトやステファン・グラッペリなど超一流のジャズメンも存在したのだ。
1958年ブルーノートにバンド名をタイトルにし、ボビー・ティモンズの作曲による大ヒットチューン「モーニン」を含むアルバムを録音したアート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズはフランスへ渡り、オランピア劇場、フォンティーヌブロウ公園の音楽堂でコンサートを行った。この時のメンバーは若手バリバリのトランぺッター、リー・モーガン、作曲、編曲に手腕を発揮したテナーサックス奏者ベニー・ゴルソンそして前述のピアニスト、ボビー・ティモンズがおり、後の世にもJMの全盛期とされる布陣であった。
このアルバムは同じ時にクラブ・サンジェルマンでのコンサートの記録である。その演奏はレコーディングされ3枚のアルバムに分けて発売されている。その中でも「モーニン」を含むこの第二集はリー・モーガンをはじめとするメンバーの溢れんばかりの勢いに、聴衆の一人であったピアニストのヘイゼル・スコット(第三集ではピアノを弾いている)がボビー・ティモンズのソロの最中に興奮のあまり「オー・ロード」と叫んだことから盤に書かれている曲のタイトルは「モーニン・ウィズ・ヘイゼル」とされた。そしてこの第二集はフランス・ディスク大賞も獲得している。絶頂期のアート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズの雄たけび、聴衆のざわめき&熱気がムンムンと伝わるアルバムは紛れもない歴史に名を遺す名盤であります。

Cover Photo
Cover Photo
Cover Photo
Order No. 49582
Artist/Group Art Blakey et les Jazz-Messengers
Title Au Club St. Germain Vol. 2
Price
Country French
Company RCA
Prefix 430.044
Issue Year 1959
Media 12" LP
Recording Monaural
Label Yellow lbl w/black print & logo
Originality Original
Matrix No. Side A
Matrix No. Side B
Engineer
Mastering Engineer
Cover Condition
Vinyl Condition
Cover CJ
Sound Grade Recommended