商品詳細



リストの見方
Cover Photo <Track Title>
A1 Gone With The Wind
A2 Day By Day
A3 Please Be Kind
A4 Live For Love
A5 I'll Close My Eyes
B1 Misty
B2 The Midnight Sun Will Never Set
B3 That's All
B4 I'm Lost
B5 Love Me
B6 The Thrill Is Gone

<Personnel>
Alto Saxophone - Marcel Hrasko (tracks: A3, A4, B1 to B5)
Arranged By, Conductor - Quincy Jones
Baritone Saxophone - Jo Hrasko (tracks: A3, A4, B1 to B5), William Boucaya (tracks: A3, A4, B1 to B5)
Bass - Richard Davis
Drums - Kansas Field (tracks: A1, A2, A5, B6), Kenny Clarke (tracks: A3, A4, B1 to B5)
Guitar - Pierre Cullaz (tracks: A3, A4, B1 to B5)
Piano - Maurice Vander (tracks: A1, A2, A5, B6), Ronnel Bright (tracks: A3, A4, B1 to B5)
Tenor Saxophone - Zoot Sims (tracks: A3, A4, B1 to B5)
Vibraphone - Michel Hausser (tracks: A3, A4, B1 to B5)
Vocals - Sarah Vaughan
 
deep groove)「真夜中の太陽は沈まず」という曲はクインシー・ジョーンズがライオネル・ハンプトン楽団のメンバーとして北欧を訪れた際に体験した白夜をイメージした曲である。曲名のカッコよさも有るが、私はこの曲をジョニー・ホッジスのアルトサックスで聴いたことが有るし、またクインシーのアルバム「ゴールデン・ボーイ」でも聴いていてとても好きな曲である。ただ、この曲を演奏するジャズメンは意外と少なく、いい演奏で聴きたいなとは思っていた。で、今回サラ・ヴォーンが歌ってくれるのである。サラの場合は真っ直ぐ歌わない、メロディの崩し方が独特で、原曲が分からないところまではいかないが、かなりである。でも、これまで聴いた「真夜中の・・・」では最も素敵な歌ではないだろうか。これはお勧め!追記:ライオネル・ハンプトン作曲の"Midnight Sun"という曲もあるが、コンセプトは同じでも違う曲である。

Cover Photo
Cover Photo
Cover Photo
Order No. 55662
Artist/Group Sarah Vaughan
Title Vaughan and Violins
Price \7,480
Country USA
Company Mercury
Prefix MG 20370
Issue Year 1959
Media 12" LP
Recording Monaural
Label Black lbl w/"Long Playing Microgroove" at bottom
Originality Original
Matrix No. Side A
Matrix No. Side B
Engineer
Mastering Engineer
Cover Condition EX-/VG++
Vinyl Condition VG++/VG+
Cover CJ
Sound Grade Recommended