商品詳細



リストの見方
Cover Photo A1 Skin Deep
A2 Sultry Serenade
A3 Sophisticated Lady
A4 Perdido
A5 Caravan
A6 Harlem
A7 The Hawk Talks

Ellington Medley
 B1 Don't Get Around Much Anymore
 B2 In A Sentimental Mood
 B3 Mood Indigo
 B4 I'm Beginning To See The Light
 B5 Prelude To A Kiss
 B6 It Don't Mean A Thing (If It Ain't Got That Swing)
 B7 Solitude
 B8 I Let A Song Go Out Of My Heart
B9 Jam With Sam

Alto Saxophone - Russell Procope, Willie Smith
Baritone Saxophone - Harry Carney
Bass - Wendell Marshall
Clarinet, Tenor Saxophone - Jimmy Hamilton
Drums - Louie Bellson
Piano - Duke Ellington
Tenor Saxophone - Paul Gonzalves
Trombone - Britt Woodman, Quentin Jackson
Trumpet - Cat Anderson, Clark Terry, Ray Nance, Willie Cook
Valve Trombone - Juan Tizol
 
deep groove)デューク・エリントン楽団の1952年シアトル・コンサート。50エリントン年代初期のエリントン楽団では大きな変化があり、楽団のスターたちジョニー・ホッジス、ローレンス・ブラウン、ソニー・グリーアなどが抜け、代わりにウィリー・スミス(ホッジスと共にスイング・アルトサックス三羽烏と呼ばれた一人)、ホワン・ティゾール(1930年代エリントン楽団に在籍しエリントンとともに「キャラヴァン」を作曲)そしてルイ・ベルソン(エリントン楽団に新しいリズムを提供し同楽団のリズムスタイルを一新)を後釜として補充していた時期である。このメンバーによるアルバムは"Ellington Up Town"以外は殆どなく、貴重な記録ともいえる。演奏内容は素晴らしく、エリントンファンには是非手元に置いて欲しいアルバム。「エリントン・アップ・タウン」にも収録された「スキン・ディープ」のドラミングがすごい!

Cover Photo
Cover Photo
Cover Photo
Order No. 53003
Artist/Group Duke Ellington
Title Seattle Concert
Price \7,344
Country USA
Company RCA
Prefix LJM 1002
Issue Year 1954
Media 12" LP
Recording Monaural
Label Silver lbl w/red print & logo (a wide out line of "Nipper Dog")
Originality Original
Matrix No. Side A E4VP 8045-1S
Matrix No. Side B E4VP 8046-4S
Engineer
Mastering Engineer
Cover Condition VG++/VG+
Vinyl Condition VG++
Cover GF
Sound Grade Recommended