商品詳細



リストの見方
Cover Photo A1 Blues For A Princess
A2 Easy Living
A3 Rose Room
A4 Tea For Two

B1 Salute To Charlie Parker
B2 Mood Indigo
B3 Easy To Love
B4 Prelude To A Mood

Bass - Jimmy Woode (tracks: A1, A2, A3), Oscar Pettiford (tracks: A4, B1, B2, B3, B4)
Clarinet - Jimmy Hamilton (tracks: A1, A2, A3, A4, B1, B2, B3, B4)
Drums - Osie Johnson (tracks: B1, B2, B3, B4), Sam Woodyard (tracks: A1, A2, A3)
Guitar -Sidney Gross (tracks: A1, A2, A3, A4, B1, B2, B3, B4)
Piano - Earl Knight (tracks: A4, B1, B2, B3, B4), Kenny Kersey (tracks: A1, A2, A3)
Tenor Saxophone - Lucky Thompson (tracks: B1, B2, B3, B4)
Trumpet - Ernie Royal (tracks: B1, B2, B3, B4)
 
deep groove, flat disc)デューク・エリントン楽団では、1943年それまでクラリネットの第一人者であったバーニー・ビガードが退団し、後任にはジミー・ハミルトンが座ることとなった。ハミルトンは以後同楽団に1968年まで在籍し、クラリネット及びアルトサックス奏者として活躍しました。ハミルトンは黒人としては珍しい都会的なスタイルで派手ではないものの豊かな音色で様々な名演を同楽団に残しています。このアルバムはハミルトン名義としては数少ない一枚で、通常エリントン楽団のスターがアルバムを作る際には同楽団のメンバーが多数加わることが多いが、このアルバムに関しては3曲にサム・ウッドヤードとジミー・ウッズが参加しているだけなのでエリントン楽団とはまた違った魅力を聴かせてくれます。

Cover Photo
Cover Photo
Cover Photo
Order No. 52775
Artist/Group Jimmy Hamilton
Title Clarinet in Hi Fi
Price \30,240
Country USA
Company Urania
Prefix UJLP 1208
Issue Year 1955
Media 12" LP
Recording Monaural
Label Yellow lbl w/red print & logo
Originality Original
Matrix No. Side A
Matrix No. Side B
Engineer
Mastering Engineer
Cover Condition EX-/VG++
Vinyl Condition VG++/VG+
Cover CJ
Sound Grade Top Recommended