商品詳細



リストの見方
Cover Photo A1 Temperence
A2 Weird Lullaby

B1 On Stage
B2 Skatin'
B3 Pot Luck

<Personnel>
Bass - Paul Chambers
Drums - Philly Joe Jones
Piano - Wynton Kelly
 
deep groove, company sleeve)ウィントン・ケリーといえばモダンジャズ三大名盤の一枚として挙げられる「ケリー・ブルー」、それにVee Jay三部作、「ケリー・グレート」、「ウィントン・ケリー(邦題:枯葉)」とこの「ケリー・アット・ミッドナイト」が名演との誉れの高い作品である。このアルバムと同じトリオ演奏の「枯葉」と比較すると、「枯葉」ではスタンダードナンバーを演奏していて情緒豊かなケリーが聴けるが、このアルバムでは対照的に自身の作曲を含むジャズメン作曲の曲を演奏していてとてもエキサイティングなのだ。熱いケリーはいいよ〜!やっぱり60年代の評論家諸氏が名盤と言ったアルバムはそれだけのことがある(誰とは言わないが最近のレヴューにはどうでもいい演奏をべた褒めしてあるのをよく見かける)。

Cover Photo
Cover Photo
Cover Photo
Order No. 51466
Artist/Group Wynton Kelly
Title Kelly at Midnite
Price \19,440
Country USA
Company Vee Jay
Prefix VJLP 3011
Issue Year 1960
Media 12" LP
Recording Monaural
Label Black & rainbow lbl w/oval logo at top
Originality Original
Matrix No. Side A
Matrix No. Side B
Engineer
Mastering Engineer
Cover Condition VG++/VG+
Vinyl Condition VG++/VG+
Cover CJ
Sound Grade Top Recommended